女性

不動産投資信託を行なうメリットについて把握しておこう

自分の資産を運用する

つみき

ビジネスの一種です

不動産投資とは、物件を購入します。それは賃貸マンションです。今や不動産業界にはマンション物件をお客様に購入してもらい、その物件の部屋を全て埋めてもらうと方法でのビジネスが増えています。お客様と言うのは単に一般の人です。ただ、一般の人ではありますが、自分にある程度の資産がある人です。その人がマンションと言う物件を購入します。そして、その購入したマンションに入居者が増え続けて、仕舞には満室となります。当然、毎月家賃収入が所得として反映されます。最初は数千万か数億で購入したマンションですが、いつの間にか家賃でその購入した後の支払が賄えると言う事になります。そしてとうとうマンションを購入したその支払いが完済します。その後は家賃は全て収入となります。これが不動産投資です。

見込みこそが大事です

不動産投資とは、まず最初に物件を購入する事から始まります。つまりはその物件のオーナーとなる事です。但し、この不動産投資と言うのは実に上手く出来ていて不動産業界の企業では法律で禁じられている訳です。不動産業者は、物件を所有してはいますが、その家賃をお客様から受け取ると言う事が出来ない法律です。そのために賃貸物件には必ず所有者たるオーナーが存在します。つまりはこのオーナーこそが不動産投資をしている人であると言う事です。そしてそのオーナーは必ずその物件には居住者を見込んでいると言う事になります。つまりはその物件こそが一般の人から常に愛されて好まれて入居が増え続けて、満室となり常に家賃収入が絶えない物件と言う事になります。当然、その状態がビジネスと言う事であり、不動産投資術と言う事になる訳です。